お寺での葬儀

8月 31, 2015

Posted in お寺, 葬儀

何年か前の事になりますが、祖母が亡くなり葬儀に参列しました。
祖母の葬儀はお寺で行われました。お寺での葬儀に参列した事がなかったため、少し戸惑ってしまいましたが、私たち家族や親しい親戚だけの少人数での家族葬でした。
通常の葬儀は葬儀式場などで行う事が多いため、近しい親戚が亡くなった場合には、必ずお花を送っていましたが、お寺での葬儀はお花を飾る場所がないということから香典だけを叔父に渡しました。
祖母の葬儀を行ったお寺は、あまり大きいお寺ではなかったために、玄関に小さな机があるだけの簡単な受付でした。
元々無宗教であった私たち一家は、お寺にお参りをする習慣がなく、お墓参りのために、お寺の敷地内にあるお墓を参るだけしかしていませんでしたので、本堂に入った事がありませんでした。
生まれて初めて入るお寺の本堂は、厳かという言葉がぴったりの場所でした。
信仰心のない私でも、背筋がピンと伸びる感覚だったのを覚えています。
葬儀自体は葬儀会場で行う葬儀と同じように行われましたが、本堂でお経を聞くと、その響きが心地よく感じました。
焼香は一人ずつ葬儀社の方に促されてから行いましたが、なんだかとても緊張しました。
ごく親しい親戚しか葬儀には来なかったため、通夜振る舞いはなく、近くのレストランに集まり食事をしました。
喪主を務めた叔父は翌日の葬儀の準備があったため、参加できませんでしたが、通夜振る舞いがなくても誰も何も言いませんでした。
翌日の葬儀もお寺の本堂へ参列しました。
本堂へはいるのは二度目だったので、昨日程の緊張はしませんでしたが、滞りなく葬儀は進みました。
お寺でのお葬式は葬儀式場とはまた違う雰囲気でしたので、葬儀ではありましたが、とてもいい経験をする事が出来ました。